不動産投資を成功させるためには専門知識を付ける必要があります

男女

賃貸経営を着実に

女性

これから始める人に

現在、賃貸経営に熱い注目が集まっています。不動産から得られる利益は魅力が大きいのは確かですが、そのリスクについても考えることも大切です。物件を手に入れるためには、銀行ローンや借入金が必要となり、その債務返済も課題となります。所有する物件に入居者がない場合、返済が滞ることも考えられます。そのような憂き目を見ないためにも家賃保証は必須です。実は、多くの物件の所有者が、不動産管理会社とは契約しても、家賃保証の制度を利用していない現実があります。家賃保証の契約は、物件を手に入れる前に済ませておくことがお勧めです。不動産管理会社と契約をする際に、セットで家賃保証も付加しておくことが望ましいとされています。

契約をしていなかったら

この家賃保証制度ですが、このようなサービスがあることを知らない人も多いのです。主に30年以上前に賃貸経営を始めた熟年世代に多いとされています。現在の不動産管理会社は、賃貸管理の他にオプションとして家賃保証の制度を設けていますが、古い時代には存在していなかった制度です。以前はこの制度を持たなかった管理会社でも、新たに導入をしている所が数多くあります。中途から利用できる制度でもあるので、未加入の場合は付加契約を付けるのも一手です。もし、契約している管理会社に家賃保証の制度がない場合でも、別会社で単独に加入することができます。管理会社を変えることなく、家賃保証を付けられるので、検討の余地はいくらでもあります。